1

メティエのお話 オートクチュール刺繍・リュネビルクロシェ刺繍の必需品。

オートクチュール刺繍をする時に必須のメティエ。
刺繍枠の事ですね。

リュネビルクロシェ刺繍にももちろん使います。

日常生活においては大きくて邪魔ですが、刺繍をするのには非常に刺繍がしやすい便利ものです。
大きい作品や大量に刺す場合は必需品です。

たぶん、日本でオートクチュール刺繍・リュネビルクロシェ刺繍をされていると、

メティエ オートクチュール刺繍 リュネビル刺繍

これがメティエだと認識されている事でしょう。

両サイドをティレットというテープでオーガンジーや布を張り付けて使います。
こういう形、普通。
と、私もリュネビルに行くまではそう思っていました。

しかし、リュネビル刺繍学校で使う布の張り方は、

こう。

ちょっとオーガンジーを張ってるバランスがおかしいですが(先に半分の刺繍を仕上げて切ってます。。)、これ。です。

注目はそこではなく、ティレットが布代用。(ー_ー)!!

初めてに見た時の感動。

ティレットと言うテープを装着するのに非常に時間がかかります。
(なれればどうってことないのですが。)

この一枚の布でオーガンジーを張るのは、超時短とオーガンジーが安定して張れる事。
初心者にはもってこいです!よく考えたものだと思いました。

ティレットで取り付けが正解なのか、布なのか・・・それは調べたのですが不明です。

ただ、フランス語のサイトでメティエを調べると、ほとんどがティレットで取り付けられているので、
ティレットがスタンダードなのかな??と推測します。あくまでも推測です。

また、フランスのメティエを固定するのは、釘で留めるタイプ。

これです。⇂⇂⇂
 

メティエの横の棒(deax montants)の空洞へ、縦の棒(latte)を通して釘で留める仕組みです。

 

日本ではこの4つの角はネジで留めるメティエが多いですね。

余談ですが、この白いメティエはお教室で販売しております。

 

横に留めてある白黒の生地、お願いしている職人さんでは留めれないと言う事で、
私がタッカーで留めています。

 

メティエ リュネビル刺繍 刺繍枠      

 

自分で付けると可愛い生地が使えます。選んだのは白地に黒い薔薇の生地です。
強度、伸縮性もしっかり精査して選んでおり、タッカー留めも訓練しましたので完成度もばっちりです。


※この生地は在庫がなくなりますと柄を変更になります。

 

カラーは2色からお選びいただけます。
★現在レッスン受講の方のみに販売しております。

 

かなり職人気質の方に作って頂いています。
彼なりのこだわりがあって、気に入る木材が入らないと作って頂けません(-_-;)
ですので、大量には作れません。


また、木は自然のものですので、一つ一つ見た目が違います。
それも来たご縁だと思って楽しんでいただければと思います。

 

メティエの種類についてのお話でした。

 

★メティエの持ち運びにメティエバッグ★


こちらもオリジナルでメティエバッグを販売しています。
上質生地で仕立てました。軽くておしゃれなバッグです。


レッスンに通う時にも、お家で刺繍のカバーにも。

 

あそびごころで楽しみながらする刺繍。
それは世界に一つのオリジナルデザイン。
はじめのひと針のお手伝いを
是非エクラノワールで。
リュネビルクロシェ刺繍の基本から
オートクチュール刺繍の世界をひろげます。
オートクチュール刺繡・リュネビル刺繍教室
レッスンについて
リュネビル刺繍 刺繍台 白い刺繍台
最新情報をチェックしよう!
>京都嵐山のオートクチュール刺繍教室

京都嵐山のオートクチュール刺繍教室

好きをかたちにデザインします。
オートクチュールの世界を広げてください。
あなただけのオリジナルデザインをかたちにする。
そのお手伝いをエクラノワールがさせて頂きます。