1

lecon5 リボンフラワーブーケのブローチ オートクチュール ビジューコース

フランス刺繍の花形、リボン刺繍を入れたフラワーブーケのブローチです。

リボンで作るバラと、ビーズステッチで作る小花、オートクチュール刺繍の総合テクニックで作ります。
淡いパステル調のホワイトをベースにした色彩はとても華やかで上品に仕上がりました。
パールのネックレスに合わせても良いです。

小さいながらも沢山のテクニックを入れていますので、多少手間はかかりますが、
出来上がった時の素敵な感動は何とも言えません。

リボンはフランスで仕入れてきたものですので、時期によって変わります。
同じものを中々手に入れられませんので、お色もその都度選んで頂きます。
使用するガラスビーズはアンティークビーズを使用しております。
竹ビーズも高級服飾ブランドが使用していた在庫を譲ってもらったものです。
とても美しい発色です。

チェコ、フランス産のビーズや資材は日本のメーカーと違いとても不ぞろいです。
規格の統一性に関しては日本のビーズメーカーさんにはかないません。
とてもお国柄が出ます。
サイズ、色の統一性、日本産のビーズを使用しているととても安定しています。
大体が同じでサイズ調整も無理なく出来るのが日本産です。
色合いも本当に美しく、微妙なカラーも作り出せるのは日本の技術力の高さです。

それに反しチェコ、フランス産のアンティークビーズは不ぞろい、色もちぐはぐです。
作り手からするとビーズの大きさが目に見えて不ぞろいなのは作家泣かせです(笑)
でもアンティークと呼ばれるものに人は魅了されます。
2度と出せない色、(日本人からしたら微妙な売り物です)質感、一度手に取ると何とも言えない魅力に取りつかれます。
特にアンティークカラーの微妙さ。
どんなに派手なカラーを組み合わせても、不思議な色あせ感が出ます。
これは日本のビーズでは表現できません。
昔懐かしい色。一つ一つが同じ色ではなく、ムラがあったり、不規則な形だったり。
その要素が交じり合って出来上がるものです。

今回のフラワーブーケも少し色あせた上品さが楽しめるブローチです。

技法:ヴェルミセル、竹ビーズの縫い付け、リボン刺繍、ビーズステッチ、ブローチの仕立て方
時間:3~5レッスン(6時間~)

オートクチュール刺繍 リボン刺繍 リュネビル刺繍

あそびごころで楽しみながらする刺繍。
それは世界に一つのオリジナルデザイン。
はじめのひと針のお手伝いを
是非エクラノワールで。
リュネビルクロシェ刺繍の基本から
オートクチュール刺繍の世界をひろげます。
オートクチュール刺繡・リュネビル刺繍教室
レッスンについて
リボン刺繍ブローチ オートクチュール刺繍
最新情報をチェックしよう!
>京都嵐山のオートクチュール刺繍教室

京都嵐山のオートクチュール刺繍教室

好きをかたちにデザインします。
オートクチュールの世界を広げてください。
あなただけのオリジナルデザインをかたちにする。
そのお手伝いをエクラノワールがさせて頂きます。